英会話の選び方

授業中の様子

企業の中には、海外との取引のために海外に営業拠点を置くところが増えてきています。
それに伴い、海外で勤務する日本人もまた、増えてきています。
海外での勤務においては、語学力が必須となります。
特に世界共通語の英会話スキルの有無は、ビジネスにおいて非常に重要です。
そのため昨今では、多くのビジネスマンが英会話スクールに通って学習しています。
また、仕事からの帰宅時間が遅いビジネスマンは、インターネットを利用したオンライン英会話スクールで学習していたりもします。
オンラインの場合、深夜や早朝でもマンツーマンでのレッスンを受けることができるのです。
これらにより、英語の堪能なビジネスマンは増加しています。
このことが一層、日本企業の海外への進出を促進させているのです。

英会話スクールでは、アメリカやイギリスなどの英語圏出身のネイティブスピーカーが講師を務めていることもあります。
しかしフィリピン出身のノンネイティブスピーカーの講師も、多くいます。
フィリピンの母国語はタガログ語なので、フィリピンの人は基本的にはノンネイティブです。
しかしフィリピンでは公用語が英語となっているので、フィリピンの人の多くが、非常に流暢な英語を話すことができます。
つまり、母国語とは異なる言語を話すというスキルに長けているわけです。
そのため、母国語以外の言語を教える英会話スクールの講師として、高い人気があります。
特にオンライン英会話スクールの講師には、フィリピン出身のノンネイティブスピイーカーが多いです。